読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

世界体操 メダル授与 ロボが登場

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

表彰式でメダルが入った容器を運ぶロボット
表彰式でメダルが入った容器を運ぶロボット

 北九州市立総合体育館(北九州市八幡東区)で開催中の体操の世界選手権で21日、女子個人総合の表彰式が行われ、同市に本社を置く安川電機が開発したロボットがメダル授与のために登場した。

 同社によると、工場などで人と並んで作業できる産業用の「人協働ロボット」で、車体部分を含めて重さは約700キロある。

 ロボットは舞台裏から自走して登場。本体のアーム(全長約140センチ)でメダルが入った容器をプレゼンターを務めるロシアの元体操選手、スベトラーナ・ホルキナさんに受け渡した。選手たちは容器からメダルを受け取り、自ら首に掛けていた。

 ロボットの活用は、同市のものづくりの技術やSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みをアピールしようと、市などが大会組織委員会に提案して実現した。同社の担当者は「世界の舞台で北九州の技術力を示せる良い機会になった」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2461158 0 ニュース 2021/10/22 05:00:00 2021/10/22 05:00:00 2021/10/22 05:00:00 表彰式でメダルが入った容器を運ぶロボット(21日午後8時33分、北九州市立総合体育館で)=三浦邦彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211021-OYTNI50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)