読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

それぞれのゴール

監督と選手 父子に戻る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

公式試合に出場した小針さん。父の竜之監督(左)が見守った(7月25日、本宮市の市総合体育館で)
公式試合に出場した小針さん。父の竜之監督(左)が見守った(7月25日、本宮市の市総合体育館で)

学法石川高ハンドボール部  小針(こばり)昇真(しょうま) さん

 学法石川高校ハンドボール部主将の小針昇真さん(17)にとって、この夏のインターハイは祖父、父に続く親子3代の全国大会出場がかかっていた。今年2月の東北大会は2位。全国選抜の出場権を獲得していた。

 全国選抜に次いでインターハイの中止も決まったとき、本人は「やっぱり」と冷静だった。父を全国に連れていきたかったが、仕方ない。

 父で同部監督の竜之さん(48)は、小学生のころから昇真さんをよく遠征に同行させた。部員たちも「昇真、また来たのか」とかわいがってくれた。学法石川は全国の常連で、大舞台で堂々と戦う姿は憧れの的だった。自身もハンドボールを始め、父が指導する強豪に進学を決めたのは、自然な流れだった。

 父と子が、チーム内では監督と選手の立場になる。それはそのまま約30年前の竜之さん自身の姿でもあった。昇真さんの祖父にあたる三夫さん(2010年死去)は同校を全国常連校に育て上げた名将だった。厳しい指導の下、竜之さんも全国大会に3度出場。3年時には主将として全国大会ベスト8に輝いた。

 三夫さんにならい、竜之さんも公私の区別を徹底し、学校では敬語を使わせた。息子のことを他の選手の数倍は叱ったという。「現役時代は嫌だったが、ミスをした周りの選手にはその方が響く」。家に帰ると親子の関係に戻るが、部員全員を平等に扱う配慮から、ハンドボールの話は一切しなかった。

 身長が低い昇真さんは、どちらかというと目立たない選手だった。1年のころは練習についていくのがやっとだったが、手堅い守備や展開を先読みする力を磨いた。その献身的なプレーが評価され、先輩たちから新チームの主将に選ばれた。「身体的に劣る分、集中して練習するから一度でだいたい吸収する」とは竜之さんの評だ。もちろん本人には伝えていない。

 最近、昇真さんは父に誘われて川釣りに出かける。新型コロナウイルスの影響で大会や遠征がなくなり、練習時間も短縮されている。

 「何か釣れた」「お、こいか?」

 釣り糸を垂らしながら、父と子に戻って交わす会話。たまにハンドボールの話になるが、もう気にする必要もなかった。

無断転載・複製を禁じます
1489412 0 それぞれのゴール 2020/09/17 05:00:00 2020/09/25 10:47:15 最後の試合に臨んだ学法石川高校の小針昇真さんと父の竜之監督(左)(7月25日午後4時12分、本宮市の市総合体育館で)=井上大輔撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200919-OYTAI50007-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)