読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

野党候補者、全選挙区で一本化決まる…共産2区・平氏出馬取り下げ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

福島2区からの立候補取り下げを発表する平善彦氏(左)(13日)
福島2区からの立候補取り下げを発表する平善彦氏(左)(13日)

 共産党県委員会は13日、県庁で記者会見し、衆院選(19日公示、31日投開票)の福島2区で予定していた新人の平善彦氏(69)の立候補を取り下げると発表した。これにより、野党の候補者は県内5小選挙区で一本化することが決まった。

 町田和史委員長は会見で「県内5選挙区ともに気持ちの良い共闘ができるよう、取り下げることとした」と説明した。福島5区で立憲民主党の新人が立候補を断念し、「市民と野党の共闘」で政権交代を目指すために取り下げを決めた。平氏は「野党が一致して自民党政権を倒すということで進めば私の本意だ」と話した。

 2区では自民現職の根本匠氏(70)、立民新人の馬場雄基氏(28)が立候補を予定している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2448004 0 衆院選2021 2021/10/14 05:00:00 2021/10/14 05:00:00 2021/10/14 05:00:00 福島2区からの立候補取り下げを発表する平善彦氏(左)(13日)=阿部雄太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211016-OYTAI50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)