英・陸上3選手復興視察 世界選手権金メダリストら

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

Jヴィレッジや

コミュタン福島へ

施設を見渡すトンプソン選手(右)ら(8日、Jヴィレッジで)
施設を見渡すトンプソン選手(右)ら(8日、Jヴィレッジで)

 陸上世界選手権ドーハ大会の女子七種競技で金メダルを獲得したカタリナ・ジョンソン・トンプソン選手ら英国の陸上選手3人が8日、サッカー施設「Jヴィレッジ」(広野町、楢葉町)などを訪れた。

 3人は日本赤十字社県支部の案内で、県内の復興を視察するため来日。原発事故の経緯や除染作業の推移などを学べる「コミュタン福島」(三春町)を見学した。その後、Jヴィレッジに移動し、廃炉・復旧作業の拠点となったことなど、施設関係者の話を真剣な表情で聞き入っていた。

 芝生が青々と輝くピッチを前に、トンプソンさんは「原発事故からこうしたすごい施設に生まれ変わったことは素晴らしい」と話し、男子110メートルハードルのアンドリュー・ウィリアム・ポッツィ選手は「復興の拠点となった場所で聖火リレーがスタートすることに感銘を受けた」と語った。

無断転載禁止
836446 0 ニュース 2019/10/09 05:00:00 2019/10/09 05:00:00 2019/10/09 05:00:00 施設を笑顔で見渡すトンプソン選手(右)3選手(午後4時48分、Jヴィレッジで) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191009-OYTNI50007-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ