大雪像今年は小さめ 只見の雪まつり 雪の搬入開始

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 記録的な少雪を受け、只見町の「只見ふるさとの雪まつり」(2月8、9日開催)の実行委員会は22日、目玉の大雪像について、今回は規模を縮小して制作すると決めた。例年、高さ約10メートル、幅約20メートル程度の雪像を制作していたが、雪像と一体の雪のステージを優先して作った上で、確保できる雪の量に応じて雪像の大きさを決めるという。

 雪まつり用の雪は毎年、会場周辺や冬季閉鎖される近くの町道の雪を搬入していたが、今年は北西に約3キロ離れた国道289号の冬季閉鎖区間の雪を利用。同日、会場のJR只見駅前広場への搬入が始まった。今後、ステージを作った上で予定していた「東京駅丸の内駅舎」の雪像制作に着手する。

無断転載禁止
1014710 0 ニュース 2020/01/23 05:00:00 2020/01/23 05:00:00 2020/01/23 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ