ぴーち今月末「退職」 芦ノ牧温泉駅猫施設長

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

惜しまれつつ退職するぴーち施設長(芦ノ牧温泉駅を守る会提供)
惜しまれつつ退職するぴーち施設長(芦ノ牧温泉駅を守る会提供)

会津鉄道芦ノ牧温泉駅(会津若松市)の名誉施設長を務める雄猫の「ぴーち」が、アトピー性皮膚炎の治療に専念するため、今月末で退職する。

 ぴーちは2代目名誉駅長「らぶ」の弟で3歳。2017年10月に就任した。駅を運営する「芦ノ牧温泉駅を守る会」によると、半年ほど前に皮膚炎と診断された。食欲もあって元気だが、なかなか完治せず、獣医師から自宅療養を勧められたという。

 残りの勤務日は25、26、28、29日。31日はシフト外だが、特別に出勤する。新型コロナウイルス対策のため、お別れ会などのイベントは開かない。

 写真などの「卒業記念グッズ」は駅で販売している。問い合わせは同会(0242・92・3766)へ。

無断転載禁止
1124501 0 ニュース 2020/03/24 05:00:00 2020/03/24 05:00:00 2020/03/24 05:00:00 惜しまれつつ退職するぴーち施設長(芦ノ牧温泉駅を守る会提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200323-OYTNI50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ