読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「発熱外来」病棟外に 新型コロナ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

駐車場に設けられたプレハブの診察室(13日、南相馬市の市立総合病院で)
駐車場に設けられたプレハブの診察室(13日、南相馬市の市立総合病院で)
ウイルス感染を防ぎながら手袋を外す方法を確認する医師ら(10日、南相馬市の市立総合病院で)
ウイルス感染を防ぎながら手袋を外す方法を確認する医師ら(10日、南相馬市の市立総合病院で)

相馬と南相馬 院内感染を阻止

 全国の医療機関で新型コロナウイルスの院内感染が相次ぐ中、公立相馬総合病院(相馬市)と南相馬市立総合病院が、37・5度以上の発熱症状がある高校生以上の患者を専門的に受け入れる「発熱外来」の運営に乗り出している。ともに駐車場にプレハブの診療室と待合室を設置し、受け付け段階から感染の恐れがある患者を隔離。院内感染による地域医療の崩壊を未然に防ぐ取り組みだ。

 南相馬市でこれまでに7人の感染者が出るなど、相馬地方では医療関係者の危機感が高まっており、県内でいち早く「発熱外来」に取り組むことになった。公立相馬総合病院は8日から既に診察を開始し、市立総合病院は14日から始まる。それぞれ、相馬郡医師会の相馬支部と南相馬支部の医師が協力する。

 市立総合病院では10日に研修会が開かれ、医師11人が、ウイルス感染を防ぎながらガウンや手袋を外す方法などを確認した。南相馬支部長の新道譲二医師(60)(しんどうクリニック)は「感染者をここに集中させ、基礎疾患を持った高齢者らに感染が広がらないようにしたい」と話した。

 受診対象は、公立相馬総合病院(0244・35・5699)が、相馬市か新地町の在住・在勤者。診療予約時間は平日午前9時半~同11時半、午後0時半~同2時半。市立総合病院は南相馬市の在住・在勤者が対象。診療は当日予約制(同病院地域医療連携室、0244・22・3185)で、受付時間は平日午前9時~正午。

無断転載・複製を禁じます
1164333 0 ニュース 2020/04/14 05:00:00 2020/04/14 05:00:00 2020/04/14 05:00:00 急ピッチで建てられたプレハブの診察室(13日午後2時34分、南相馬市の市立総合病院で)=仲田萌重子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200414-OYTNI50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)