台風きょう、あす接近 気象台早めの準備呼びかけ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 太平洋を北上する台風12号は24~25日、本県に接近する見通しで、福島地方気象台は河川の増水や土砂災害などに早めの準備や対策を行い、避難情報にも注意するよう呼びかけている。

 同気象台によると、県内では24日朝から風雨が強まり、25日午前に台風が最接近するという。前線の影響で台風から離れた場所でも大雨の可能性があり、24日午後6時までの予想最大降水量は、浜通り180ミリ、中通り150ミリ、会津120ミリ。最大瞬間風速は、浜通りと中通りで30メートル、会津で25メートルと予想されている。

 こうした予報を受け、県は23日、全59市町村などと緊急のテレビ会議を開催。市町村には、空振りを恐れずに積極的に避難情報を発令するよう要請した。昨秋の台風19号では、車などで移動中の犠牲者が多かったことを踏まえ、角田和行・県災害対策課長は「客や従業員が不必要な屋外移動をしないよう、営業や就業の短縮、テレワークを検討してほしい」と呼びかけた。

 また、JR東日本は同日、24日の運行予定を発表。新幹線は通常通りだが、在来線は多くの区間で計画運休などの措置をとる。

24日のJR線の運行計画

×=運転取りやめ、▲=本数減

東北線  郡山―福島   午後3時頃から▲

常磐線  勝田―いわき  午後3時頃から×

     いわき―原ノ町 午前8時頃から×

     原ノ町―仙台  午後6時頃から×

磐越東線 いわき―小野新町  正午頃から×

水郡線  常陸大子―郡山 午前9時頃から×

無断転載・複製を禁じます
1496943 0 ニュース 2020/09/24 05:00:00 2020/09/24 05:00:00 2020/09/24 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ