飯舘村長に杉岡氏 無投票で初当選 「楽しい古里に」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

無投票で初当選を決め、花束を受け取った杉岡氏(10日午後5時27分、飯舘村で)
無投票で初当選を決め、花束を受け取った杉岡氏(10日午後5時27分、飯舘村で)

 飯舘村長選が10日告示され、唯一届け出た新人の元村職員杉岡誠氏(44)の無投票当選が決まった。杉岡氏は村内の事務所で支援者と万歳し、「明日が待ち遠しくなる楽しい古里の実現に向け、一生懸命歩んでいきたい」と笑顔で語った。帰還困難区域の長泥地区で、一部は面的な除染をせずに避難指示を一括解除する方針については「農業ができるなど住民が夢を描ける準備をした上で解除に向かっていきたい」と語った。

 村は原発事故で全村避難を経験。2017年3月末に、長泥地区以外の避難指示が解除されたが、今月1日時点で村内居住者は1480人。3818人が福島市など村外で生活を続け、営農再開が進まないなど復興は緒に就いたばかりだ。

 村の将来像が選挙戦の争点となるはずだったが、杉岡氏以外に出馬を表明した村議2人は「村の分断を避ける」との理由で立候補を回避。村民には選択肢が示されないまま、新しいリーダーに復興のかじ取りを託す結果となった。

 震災前から6期務めた菅野典雄村長は「無投票は、村民が『彼ならば任せられる』と思った結果だろう」と話し、同村の会社員北原経博さん(42)は「選挙戦で議論を深めるのが本来の姿だが、今回の無投票は、皆が復興を目指す方向で団結したからでは」と話した。

 また、村議補選(欠員1)も同日告示され、いずれも無所属新人の農業長谷川芳博氏(51)と元村社協職員飯畑秀夫氏(51)が立候補を届け出た。18日投開票で、村選挙管理委員会によると、9日時点の選挙人名簿登録者は4691人。

無断転載・複製を禁じます
1538628 0 ニュース 2020/10/11 05:00:00 2020/10/11 05:00:00 2020/10/11 05:00:00 無投票で初当選を決め、花束を受け取った杉岡氏(10日午後5時27分、飯舘村草野の選挙事務所で)=柿井秀太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201011-OYTNI50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ