読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

新規感染最多46人 病床使用6割超

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県は10日、1日あたり過去最多の46人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。直近1週間の感染者242人は前週97人の2・5倍で、過去最多を2日連続で更新。患者の感染で外来診療休止中の済生会川俣病院(川俣町)では新たに2人が感染し、計6人のクラスター(感染集団)となった。病床使用率(61・2%)は初めて6割を超えた。

 新規感染46人の内訳は、会津若松市12人、福島市8人、郡山市6人、いわき市と須賀川市が5人、伊達市4人、南相馬市3人など。家庭内での感染が多いといい、感染経路不明は5人にとどまった。累計感染者は1225人で、329人が入院治療・入所療養中。8人が重症となっている。

 また、川俣病院の2人は、当初のPCR検査では陰性だったが、後日発症した。改めて同病院職員や入院患者の検査が行われている。 警戒レベルの指標も悪化が続き、人口10万人あたりの療養者数(17・82人)など三つの指標がステージ3またはステージ4の段階に入っている。県は「医療機関の負担が大変大きくなっている。今を乗り越えるためには、県民一人ひとりの行動を変えていくことが必要だ」と、改めて感染防止対策の徹底を求めた。

無断転載・複製を禁じます
1760898 0 ニュース 2021/01/11 05:00:00 2021/01/11 05:00:00 2021/01/11 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210110-OYTNI50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)