読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

震災復興報道写真で追う

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

震災からの10年の歩みを伝える報道写真展(17日、双葉町の東日本大震災・原子力災害伝承館で)=伊藤紘二撮影
震災からの10年の歩みを伝える報道写真展(17日、双葉町の東日本大震災・原子力災害伝承館で)=伊藤紘二撮影

双葉の伝承館 本紙と福島民友撮影

 地震の影響で臨時休館していた双葉町の「東日本大震災・原子力災害伝承館」が17日、営業を再開し、震災からの歩みを振り返る報道写真展「3・11『あの日』からの10年」(読売新聞写真部、福島民友新聞社主催)が始まった。3月29日まで。

 本紙と福島民友新聞の写真記者らがこれまで被災地で撮影した写真140枚以上を展示。懸命に行方不明者の捜索を行う人々や、亡くなった家族に祈りをささげる遺族、復興に向け歩き出した被災者の姿をとらえた写真が並ぶ。震災直後と現在の街の様子を同じ地点から撮影した航空写真も紹介し、この10年の復興の歩みを知ることができる。

 郡山市から訪れた会社員前田ゆたかさん(49)は「まだまだ復興は途中なんだと感じると同時に、たくましく生きる子どもの笑顔の写真に力をもらえた」と話した。

 火曜休館(2月23日は開館し、24日が休館)。午前9時~午後5時。問い合わせは同館(0240・23・4402)へ。

無断転載・複製を禁じます
1850501 0 ニュース 2021/02/18 05:00:00 2021/02/18 05:00:00 2021/02/18 05:00:00 再開した「東日本大震災・原子力災害伝承館」で始まった読売新聞写真部と福島民友新聞社共催の報道写真展「3.11『あの日』からの10年」(17日午前10時11分、福島県双葉町で)=伊藤紘二撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210218-OYTNI50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)