読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

新規感染最多56人 病床使用率6割超

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

県は2日、新たに56人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日当たりの新規感染者数としては過去最多。病床使用率は63・1%に上昇し、1月17日以来およそ3か月半ぶりに60%を超えた。累計感染者は3464人になった。

 新規感染者の内訳は会津若松市25人、福島市11人、いわき市8人、郡山市5人など。感染経路不明は15人だった。

 クラスター(感染集団)関連では、いわき市の高齢者施設で利用者2人が新たに感染し計8人に、同市の事業所で従業員2人が感染し計10人に、それぞれ拡大。また、福島市の建設会社では、すでに陽性が確認されていた1人を含む従業員6人の感染が判明し、市はクラスターと認定した。

 同市保健所によると、6人のうち4人は、先月下旬の勤務後に飲酒を伴う会食を行っていた。職場は狭く、換気が少ない状況だったという。会社は先月29日から休業している。

 2日に記者会見した同市保健所の中川昭生所長は、市内で先月7~27日に陽性が確認された77件のうち少なくとも3割が、感染力の強い「N501Y」の変異ウイルスとみられるとし、「ストレスもたまっていると思うが、ワクチンの接種が終了するまであと少し、感染防止のための頑張りを続けてほしい」と呼びかけた。

無断転載・複製を禁じます
2027179 0 ニュース 2021/05/03 05:00:00 2021/05/03 05:00:00 2021/05/03 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210503-OYTNI50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)