読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ボッチャ代表白河で合宿 「安全な環境に感謝」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

合宿で投球練習を繰り返すボッチャの選手たち(11日、白河市で)
合宿で投球練習を繰り返すボッチャの選手たち(11日、白河市で)

 東京パラリンピックのボッチャ日本代表に内定している選手たちの強化合宿が11日、白河市のJR東日本総合研修センター・体育館で始まり、練習の様子が報道陣に公開された。選手たちは本番で使われる床材の感触を確かめながら、一球一球を丁寧に投げていた。

 公開練習後、2016年のリオデジャネイロパラリンピック銀メダリストの藤井友里子選手(48)(アイザック)が取材に応じ、「本番まであと2か月。今までと違う大会になると思うが、安全な環境で合宿ができることに感謝している。気持ちも高まってきた」と語った。

 合宿は障害のクラス別に行われる。白河市の合宿は今月27日までで、BC1、BC2の4選手が参加している。

 白河市は11日、競技の普及発展に関する協定を日本ボッチャ協会と締結。鈴木和夫市長は「金メダルを目指してがんばってほしい」とエールを送った。

無断転載・複製を禁じます
2118732 0 ニュース 2021/06/12 05:00:00 2021/06/12 05:00:00 2021/06/12 05:00:00 合宿で投球練習を繰り返す選手たち(6月11日午後3時46分、白河市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210612-OYTNI50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)