岐阜農林高生が報告 ブランド米化も

水田へ魚道遡上数急増

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

水田魚道の魚の生育状況を確認する岐阜農林高の生徒ら(北方町で)
水田魚道の魚の生育状況を確認する岐阜農林高の生徒ら(北方町で)
岐阜農林高に設置された水田魚道。L字形の水路をたどって、排水路と水田を行き来できる(県提供)
岐阜農林高に設置された水田魚道。L字形の水路をたどって、排水路と水田を行き来できる(県提供)

 水田を産卵や生育の場とする生物の保全のため、水田と農業用排水路を生物が行き来できるようつなぐ人工的な水路「水田魚道」について、県立岐阜農林高校(北方町)で今月、魚道設置によって水田に遡上そじょうする魚の数が急増したなどの効果が報告された。水田魚道の設置を進める県は、多様な生物がすむ好環境の水田で取れた米をPRし、ブランド化することも狙っている。(佐野泰彦)

 「魚道に取り付けた光センサーで、昨年6~9月、タモロコやナマズ、モツゴなど7種類の遡上魚が確認された」「水田での減農薬栽培の効果もあり、魚道が稼働した2015年度に比べると、昨年度の遡上数は3倍の約6000匹に上っている」

 今月14日、岐阜農林高校敷地内にある水田(3000平方メートル)に県が設置した魚道の調査結果を、研究に取り組む同校環境科学科の生徒7人が説明した。

 県によると、かつては全国的に流れの緩やかな河川や水路にメダカなどが生息し、5月頃に水田に遡上して産卵する光景がよく見られた。しかし、近年は水田と排水路を隔てる工事が進んだことや、農薬の影響などで、魚の行き来が少なくなったという。

 こうした中、県は生物保全のため、11年度から、同校など各地の排水路に水田魚道を設置。現在では関市千疋地内を流れる武儀むぎ川と水田をつなぐ排水路など計17か所に設置している。

 水の流れを見て魚道内の水量を調整するなど、各地で年々工夫を重ねた結果、水生生物の生息数は確実に増えているという。

 県は今後、さらなる波及効果として、豊かな自然環境のもとで育てられた「ブランド米」の産出を目指している。青森県藤崎町では、ナマズが泳ぐきれいな水田で栽培された米を「ナマズ米」と名付け売り出しており、こうした取り組みを参考にしながら、事業化を進めていく考えだ。

 水田魚道の開発・普及活動を行っている環境保護団体「ナマズのがっこう」事務局長の三塚牧夫さん(67)(宮城県栗原市)は「世界農業遺産『清流長良川のあゆ』をPRする岐阜県が、環境に優しい農業の推進にもつながる水田魚道の整備を進めることは意義深い。生物に配慮した農業の大切さを伝えるきっかけにしてほしい」と訴えている。

無断転載禁止
27446 0 ぎふ発 2018/06/26 05:00:00 2018/06/26 05:00:00 水田魚道の魚の成育状況を確認する生徒ら(北方町の岐阜農林高で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180625-OYTAI50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ