ざるそば定食(税込み770円)

お休み処 やどりぎ(美濃加茂市太田本町)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

お休み処 やどりぎの「ざるそば定食」(1日午後2時7分、美濃加茂市で)
お休み処 やどりぎの「ざるそば定食」(1日午後2時7分、美濃加茂市で)

◇甘みと香り16食限定

 宿場町の名残をとどめる旧中山道の太田宿に美濃加茂市が建設した観光施設「太田宿中山道会館」内で、同市のNPO法人「宿木やどりぎ」が運営している。昼時に、地元の主婦ら計12人が、2、3人ずつ交代で家庭料理を提供する。中でも、毎週木曜日のランチメニュー「ざるそば定食」の人気は高い。好みで、かけそばにすることもできる。

 国産のそば粉8、小麦粉2の割合で作った「二八そば」。そば打ち担当の板津たよ子さん(68)は「大切なのは、まんべんなく水を入れて練る『水回し』。1時間で、16人前ほどしか打てません」と話す。そういう訳で、16食限定だ。

 甘みがある香り高いそばを、つゆにつけて一気にすすり込む。うまい。ゴボウやニンジン、油揚げなどの入った味ご飯に、地元産のジャガイモの煮物や小松菜のおひたし、手作りコンニャクの甘みそあえなども付いて、そこそこボリュームがある。食材は地元産の低農薬野菜にこだわっており、県の「県産品愛用推進宣言の店」にも指定されている。ランチメニューには、旬の野菜を使った「野菜天ぷら定食」などもある。

 「年末には、20食限定で恒例の年越しそばを企画しています。食べに来ませんか」。そう呼びかける板津さんの言葉に、今年も押し詰まってきたな、との実感がこみ上げた。(市来哲郎)

【メモ】ランチの営業時間は午前11時半~午後2時。月曜定休(祝日の場合は翌日休み)。(電)0574・23・2200。

無断転載禁止
49824 0 まちグルメ 2018/11/16 05:00:00 2018/11/16 05:00:00 お休み処 やどりぎの「ざるそば定食」(1日午後2時7分、美濃加茂市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181115-OYTAI50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ