下呂牛乳ラーメン(税込み880円)

中華酒房 桃庵(下呂市湯之島)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

下呂牛乳ラーメン(下呂市湯之島の桃庵で)=伊藤幸典撮影
下呂牛乳ラーメン(下呂市湯之島の桃庵で)=伊藤幸典撮影

◇郷土の味絡み相性抜群

 

 白濁したスープは、どう見ても豚骨ラーメン。スープをすすると、優しい牛乳の味がする。あっさりしたシチューのような、ポタージュのような感じだが、後からしっかり中華料理の香りが広がる。硬めにゆで上げた縮れ麺との相性は抜群で、一気に箸が進む。インターネットなどで強烈な品名が話題となり、県内外から観光客が訪れる。

 下呂市内限定販売の「下呂牛乳」。横浜・中華街と名古屋で修業を積んだ店主の二村康彦さん(43)が2001年、古里・下呂温泉街の一角で開業するに当たり、郷土の食材を生かそうと考案した。いわば「新郷土料理」だ。奇をてらったように見えるものの、「牛乳を使うアワビのクリーム煮をアレンジした中華料理」と胸を張る。

 スープのベースは「下呂牛乳」と鶏ガラスープ。隠し味としてネギ油とニンニク油を加える。具は、納豆入りの飼料で育てられた下呂市のブランド豚「納豆喰なっとくとん」のチャーシューと、半熟煮卵。焦がしネギ、粉チーズなどをトッピングして完成する。「全ての具材が絡み合って出来上がる、シンプルなようで、実は複雑な料理です」と二村さん。

 メニュー全般のベースは広東料理だが、「本格中華にこだわらない。郷土の食材を活用した、地元の人々に好まれる料理を提供したい」と語る。ラーメンに続く、どんな新郷土料理が生まれるか楽しみだ。(伊藤幸典)

 

 【メモ】営業時間は午後6時~午前0時(ラストオーダー午後11時半)。不定休。(電)0576・24・2450。

無断転載禁止
51633 0 まちグルメ 2018/11/30 05:00:00 2018/11/30 05:00:00 下呂牛乳ラーメン(下呂市湯之島の桃庵で)=伊藤幸典撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181129-OYTAI50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ