清流導く 秋の奥美濃<長良川鉄道> 

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

38駅を2時間で

 旅の記念となる「鉄印」は、長良川鉄道(関市)の関駅と郡上八幡駅でも入手できる。アユが跳ねる秋。沿線では、恵みを楽しめる。

長良川の雄大な流れを眼下に走る長良川鉄道=中根新太郎撮影
長良川の雄大な流れを眼下に走る長良川鉄道=中根新太郎撮影

 美濃太田駅(美濃加茂市)から北濃駅(郡上市)まで、4市1町72・1キロ、38駅を約2時間かけて走る長良川鉄道。洲原駅(美濃市)あたりからは、長良川に沿うように北上し、車窓からの景観を楽しむことができる。

 長良川を代表するのが、2015年に世界農業遺産に認定された「清流長良川のあゆ」。岐阜市や関市では、宮内庁式部職の鵜匠うしょうによる伝統の鵜飼いが繰り広げられ、友釣りの竿さおが並ぶ。

郡上八幡やなでは、長良川の清流を眺めながら天然アユを味わえる=中根新太郎撮影
郡上八幡やなでは、長良川の清流を眺めながら天然アユを味わえる=中根新太郎撮影

アユ料理楽しむ

 長良川に設けた仕掛けでアユを捕らえるやな。11月1日まで営業する「郡上八幡やな」(郡上市)では、多くの客が訪れ、アユ料理を堪能している。

 長良川鉄道では、観光列車「ながら」でアユづくし料理を楽しむ「鮎料理列車」の運行を8月から始めた。日本料理店による刺し身や甘露煮、釜飯などのアユ料理が並び、途中の大矢駅で熱々の塩焼きが食べられる。当初は10月まで16便の予定だったが、人気を呼び9便を増便した。同鉄道運輸部の林克彦係長(44)は、「名古屋方面からの予約が多く、皆さんが焼きたてのアユを楽しみにされています」と話す。

特色ある観光地

 長良川鉄道は、旧国鉄の越美南線として1934年に全通。86年から第3セクターの運営に移行した。歴史的建造物も多く、機関車転車台などが登録有形文化財に指定されている。

 刃物の関市、美濃和紙の美濃市、郡上おどりの郡上市と、駅ごとに特色のある観光地が連続。自転車と一緒に乗り込める「サイクリング列車」で沿線の町並みを走ることもできる。

 漫画家さくらももこさんが、郡上市八幡町にちなんで考案したキャラクター「GJ8ジージェーエイトマン」、英国の人気アニメ「チャギントン」のラッピング列車も不定期で走り、偶然出会える楽しみもある。(宮崎亨)

長良川鉄道の鉄印
長良川鉄道の鉄印

「ゆるくて素朴」デザイン評判

 長良川鉄道の鉄印は、長良川を代表するアユの絵と「鮎食べたし長良川鉄道」という文字が、和紙に描かれたシンプルなデザインが特徴だ。

 描いたのは、同社の観光列車アテンダント船戸由香さん(40)。

 「ありきたりでないものを」と社内の意見を受け、何げなく描いたものが採用され、「本人がびっくりしている」と話す。

 購入者からは「ゆるすぎる」との指摘も。その一方で「力が抜け、素朴な感じ」と褒められることもあり、そんな時はうれしさがこみあげてくるという。

 鉄印帳2200円、鉄印は300円。ともに関駅と郡上八幡駅で扱っている。問い合わせは、同鉄道(0575・23・3921)。

 各地域の「鉄印帳を携えて」も読めます。

無断転載・複製を禁じます
1542349 0 鉄印帳を携えて 2020/10/10 05:00:00 2020/10/21 17:15:55 「鉄印帳企画・長良川鉄道」鉄橋で何回も渡る長良川の景色も大きな魅力となっている長良川鉄道(20日、岐阜県郡上市で)=中根新太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201012-OYTAI50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ