食べて飲んで峠越え<明知鉄道>

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 JR中央線・恵那駅を起点として東美濃地方の高原地帯を南下する全長25・1キロの路線だ。峠越えが2か所あり、終点の明智駅周辺は大正時代のテーマパーク、「日本大正村」がある。それに加えて明知鉄道と言えば企画列車がおなじみだ。

キノコ8種料理

4種類以上の日本酒が飲み放題の「枡酒列車」。揺れも心地よく、列車が進むに連れて車内は賑やかになる
4種類以上の日本酒が飲み放題の「枡酒列車」。揺れも心地よく、列車が進むに連れて車内は賑やかになる

  午後0時25分恵那発の急行「大正ロマン号」は通常の車両に「食堂車」を連結して運行される観光列車。食堂車と言っても通常の車両にテーブルを持ち込んだだけだが、予約すると、郷土料理や地酒を楽しめる。

 9月のシルバーウィークでは、久々に4両編成で運行された。恵那駅のホームは3両分までの長さしかないため、先頭の「寒天列車」には2両目の「きのこ列車」から乗り込んだ。

 沿線には寒天の産地があり、1987年から寒天列車を運行している。いまや全国各地でみられる観光食堂列車の先駆けだ。

 「急行ですが、名所では徐行して、各駅停車より時間をかけて走ります」。アテンダントの女性の軽妙な車内放送に笑いが起きる。とはいえ、終点の明智駅まで54分。「きのこ列車」の車内では早速、松茸まつたけご飯と土瓶蒸しが供され、乗客はキノコ8種の料理が詰まった折り詰めとともに箸を進めた。珍しいロージ茸に驚きの声が上がる。

 地酒でほろよい 隣の「枡酒ますざけ列車」では、本社勤務の女性事務員が法被姿で一升瓶から乗客の升へ、岩村の地酒「女城主」を注いでくれる。揺れが酔いを誘い、少し開けた窓から入る列車風が火照った体に心地よい。

復元された腕木式信号機がある岩村駅(恵那市で)=中根新太郎撮影
復元された腕木式信号機がある岩村駅(恵那市で)=中根新太郎撮影

 「女城主」醸造元の最寄り駅、岩村で降りると、石垣が残る山城まで、1・3キロの緩やかな坂の両側に2階建ての商家や旧家が続く、国の重要伝統的建造物群保存地区だ。

 「わかくして学べば、すなわち壮にしてすこと有り」。当地出身で江戸後期の儒学者、佐藤一斎の言葉の数々が、石碑や軒下の木版に刻まれている。

 坂の終わり近く、「女城主」醸造元の向かいから甘い香りが漂う。1796年(寛政8年)創業の松浦軒本店は、「カステーラ」の店。長崎で蘭学を学んだ藩医が持ち帰った製法を口伝で守り、来店したヨーロッパ人が「おばあちゃんの味」と賞したという。(森本雅司)

全駅名と社章あしらう

明知鉄道の鉄印
明知鉄道の鉄印

 明知鉄道の切符は今では珍しくなった厚紙の硬券で、一枚一枚を出札窓口で販売している。途中駅の「極楽ゆき」、JR連絡切符「名古屋ゆき」などもある。

 鉄印=写真=は、硬券と同じオレンジ色の地紋に、社名と全11の駅名を記す。社章を中央にあしらい、3本線の会社シンボルデザインが下部に引いてある。鉄印帳は当初分が売り切れ、明智駅と恵那駅で追加販売、記帳も扱っている。

 食堂車は3種のほか、「じねんじょ」「戦国合戦料理」「おばあちゃんのお弁当」などが季節ごとに走る。通行手形を模した形の往復フリー切符で、日本大正村などの割引特典が付いている。問い合わせは同社(0573・54・4101)へ。

 各地域の「鉄印帳を携えて」も読めます。

無断転載・複製を禁じます
1563696 0 鉄印帳を携えて 2020/10/21 05:00:00 2020/12/04 16:18:31 「鉄印帖企画・明知鉄道」明知鉄道の「食堂列車」。4種類以上の日本酒が飲み放題の「枡酒列車」。揺れも心地よく、列車が進むに連れて車内は賑やかになる(19日、岐阜県恵那市で)=中根新太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201020-OYTAI50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ