文字サイズ

    犯罪被害者支援で協議会

    条例制定の加茂郡全7町村

     犯罪に巻き込まれた被害者や家族を支援するための「犯罪被害者等支援条例」を制定した加茂郡内の全7町村は、「加茂署管内犯罪被害者等支援連絡協議会」を設立した。

     条例は、犯罪被害者が日常生活を円滑に営めるよう、相談に応じたり、必要な情報の提供や助言を行ったりすることなどを規定。同郡では七宗町が7月に制定、10月から施行したのを始め、東白川村、川辺町、富加町、白川町、坂祝町、八百津町が9月に制定し、来年1月の施行を予定している。

     美濃加茂市の県可茂総合庁舎で協議会の連絡会議が開かれ、七宗町の井戸敬二町長を会長に選出。井戸町長は「相互に協力し、情報の共有や意見交換で緊密な連携を図ることにより、犯罪被害者に対する支援や、再被害防止対策を効果的に推進していきましょう」と述べた。

    2018年10月12日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て