文字サイズ

    「スマートミール」認証店第1号

    外食部門・岐阜のレストラン

    • 「スマートミール」のパスタやサラダ、スープなどを前に「健康的な外食を広めたい」と語る竹内さん
      「スマートミール」のパスタやサラダ、スープなどを前に「健康的な外食を広めたい」と語る竹内さん

     栄養のバランスの取れた健康的な食事を「スマートミール」として認証する制度がスタートし、県内では唯一、外食部門で、岐阜市神田町のレストラン「イタリアンの風 うれし野」が取得した。日本栄養改善学会など10団体による「健康な食事・食環境」推進事業の一環で、8月に認証事業者68件が発表された。同店は「毎日食べても健康にいい外食を目指す」としている。

     スマートミールの認証基準は、厚生労働省が定めた生活習慣病予防や健康増進を目的に提供する食事の目安などに基づく。同学会を始め、日本高血圧、日本糖尿病、日本肥満、日本動脈硬化の各学会など10団体が、応募メニューについて〈1〉カロリー〈2〉主食・主菜・副菜の組み合わせ〈3〉たんぱく質、脂質、炭水化物の栄養素バランス――などを審査した。

     第1回は、外食、調理済みの総菜などの中食なかしょく、給食の3部門に全国から計79件の応募があり、外食部門の認証は、「うれし野」を含め25件だった。制度は、健康にいい食事の選択がしやすい環境を整えることなどを目的としており、認証を取得すれば、「健康な食事・食環境」のマークを使い、スマートミールを提供しているとアピールできる。

     うれし野は7月にオープン。スマートミールとして認証されたのは、自家製ミートソースと、高山市産モッツァレラチーズを使ったトマトソースの2種類のパスタがメインのランチメニューで、それぞれ110グラムか150グラムを選択できる。野菜をたくさん食べられるように配慮したサラダとミネストローネスープをセットにした。値段は、税別980~1480円。

     脂質が少ない鹿の肉を使ってカロリーを抑え、野菜は大きめに切ってよく味わえるようにするなどの工夫をしているという。

     店の経営者で、管理栄養士の竹内綾美さん(32)は「健康的な外食を広め、将来的には、店内で健康セミナーを開いたり、店舗数を増やしたりしていきたい」と意欲的に話した。

     ランチタイムの営業時間は午前11時30分~午後2時で、午後5時~同11時はディナーを提供する。月曜定休。問い合わせは同店(058・213・2000)。(増実健一)

    2018年10月12日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て