英語特別指導助手19年度に4人配置へ 中津川市教委

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中津川市教育委員会は、2020年度から小学校で英語の授業が本格実施されるのに備え、19年度に日本人の英語特別指導助手4人を配置すると発表した。

 授業時間の増加に伴う措置で、市が委嘱する外国語指導助手(ALT)10人とともに市内各地の小学校を巡回する。ALTは担任とペアを組んで授業を行うが、今回の英語特別指導助手は中学、高校の英語教員免許を取得している場合は、担任が補助に回るケースも想定している。

 市教委は「優れた指導助手の配置は、現場の英語教諭の力量を上げる狙いもある」としている。

無断転載禁止
477545 0 ニュース 2019/03/08 05:00:00 2019/03/08 05:00:00 2019/03/08 05:00:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ