雨の中ガッタンゴー

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

今季の営業開始

街中のコースを楽しむ観光客
街中のコースを楽しむ観光客

 廃線となった旧神岡鉄道(飛騨市神岡町)の軌道を自転車で走るレールマウンテンバイク「ガッタンゴー」の今季の営業が、21日から始まった。今年は雪が少なかったことから初めて3月中のスタートとなった。

 この日はあいにくの雨だったが、予約していた約30人が参加。ヘルメットと雨がっぱに身を包み、街中を走行するコースを楽しんだ。

 ガッタンゴーは2007年から始まった。同市のNPO法人「神岡・町づくりネットワーク」が運営、年間約4万人の利用者がある。

 大自然の中を走る「渓谷コース」も4月から開始予定で、初夏には新緑、秋には紅葉の景色が楽しめる。

 同法人の田口由加子さん(40)は「寒さが残るこの時期の営業は初めてだが、お客様の笑顔が見られて良かった」と話していた。

 有料。問い合わせは同法人事務局(090・7020・5852)。

無断転載禁止
501137 0 ニュース 2019/03/22 05:00:00 2019/03/22 05:00:00 2019/03/22 05:00:00 寒い雨の中でもかっぱで身を包みレールマウンテンバイクを楽しむ観光客(21日、飛騨市神岡町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190321-OYTNI50029-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ