インフル流行入り 昨季より3週間早く

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県は21日、県内でインフルエンザの流行が始まったと発表した。11~17日に県内87か所の医療機関を定点調査した結果、インフルエンザの患者数は1医療機関当たり平均1・67人で、流行基準である1医療機関当たり1人を上回った。

 県保健医療課によると、県内の流行入りは、昨季よりも3週間早かった。保健所管内別で見ると、岐阜市保健所が4・21人と最も多く、県飛騨保健所(高山市など)が3・00人、県関保健所(関市など)が2・50人と続いた。

 同課は「人混みに出た後は手を洗って、家では空気が乾燥しないように、室内に適度な湿度を保ってほしい」と予防法を挙げている。

無断転載禁止
911870 0 ニュース 2019/11/22 05:00:00 2019/11/22 05:00:00 2019/11/22 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ