読売新聞オンライン

メニュー

インド型クラスターか 7人感染 新型コロナ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県内で2日に発表された新型コロナウイルスの新規感染者は7人。これで県内の感染者は、計9270人となった。

 県と岐阜市の発表によると、同市内の職場で従業員ら7人がクラスター(感染集団)として認定され、このうち男性2人から、感染力が強いとされるインド型(デルタ型)の可能性がある「L452R」の変異を持つウイルスが検出された。

 2人は県内に居住しており、海外渡航歴がないことから、県の担当者は「市中感染によるデルタ型のクラスターの発生が疑われる」としている。県は検体のゲノム解析を行い、型の特定を進める。

 新規感染者7人の居住地は次の通り。

 岐阜市2人▽多治見市1人▽大垣市1人▽大野町1人▽安八町1人▽神戸町1人

無断転載・複製を禁じます
2175327 0 ニュース 2021/07/03 05:00:00 2021/07/03 05:00:00 2021/07/03 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)