読売新聞オンライン

メニュー

ボクシングの田中兄弟のトラック 地元でお披露目

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ラッピングトラックの前でポーズを取る田中亮明選手(左)と恒成選手
ラッピングトラックの前でポーズを取る田中亮明選手(左)と恒成選手

 多治見市出身で、東京五輪ボクシング男子フライ級代表の田中亮明選手(27)と、弟で元世界3階級王者の恒成選手(26)のラッピングを施したトラックが、同市役所前でお披露目された。

 「亮明・恒成 多治見後援会」の要請で同市の運送会社「平中サービス」が製作した。4トントラックの左面に「突き抜けろ TANAKA RYOMEI」、右面に「駆け抜けろ TANAKA KOSEI」、背面に「KOSEI&RYOMEI 頂点へ進め」と記され、愛知、岐阜、三重県内を走ってPRする。

 お披露目会には両選手も出席し、後援会名誉会長の古川雅典市長が「多治見から金メダルを、多治見から世界チャンピオンを実現させよう」と激励。亮明選手は「このトラックに負けないド派手な試合をして、金メダルを取る」と意気込み、恒成選手は「レベルアップに向け、トレーニング中。今は五輪の応援をお願いします」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
2222564 0 ニュース 2021/07/21 05:00:00 2021/07/21 05:00:00 2021/07/21 05:00:00 ラッピングトラックの前でポーズを取る田中亮明選手(左)と恒成選手(多治見市役所で)=松原輝明撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210720-OYTNI50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)