読売新聞オンライン

メニュー

乗鞍スカイライン 1年ぶり営業再開

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

1年ぶりに営業が再開され、畳平のバスターミナルには岐阜県側から来た観光バスも並んだ
1年ぶりに営業が再開され、畳平のバスターミナルには岐阜県側から来た観光バスも並んだ

 昨夏の豪雨災害から通行止めが続いていた北アルプス・乗鞍岳(3026メートル)の山岳道路「乗鞍スカイライン」(14.4キロ)が22日、1年ぶりに営業を再開した。スカイラインは高山市の平湯峠と乗鞍岳の畳平を結ぶ県道で、環境保護のためマイカーでの乗り入れが規制されている。昨年の被災後、県が復旧工事を進め、当初想定の8月より1か月早い開通となった。

残り:245文字/全文:554文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
2227780 0 ニュース 2021/07/23 05:00:00 2021/07/23 05:00:00 2021/07/23 05:00:00 スカイライン再開で1年ぶりに岐阜県側のバスが乗鞍ターミナルに並んだ(乗鞍・畳平で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210722-OYTNI50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)