読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

朝日大 橋本総業と協定

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

協定を結んだ大友学長(右)と橋本社長
協定を結んだ大友学長(右)と橋本社長

 ◆テニス部で所属選手指導も

 朝日大(瑞穂市)と管工機材・住宅設備機器などの卸売会社「橋本総業ホールディングス」(東京都)は、人材育成と地域社会の発展を目的とする産学連携協定を結んだ。同大としては9番目の産学連携協定となる。

 同社は、創業130年の老舗商社で、岐阜支店(岐南町)を含む全国に拠点がある。スポーツ事業に力を入れており、特にテニスでは、所属する柴原瑛菜選手(23)が東京五輪の女子ダブルスと混合ダブルスに出場した。

 協定により、〈1〉同社岐阜支店で学生のインターンシップ(就業体験)の受け入れ〈2〉同大硬式テニス部員に同社所属の選手やコーチが指導〈3〉地元の子どもたちが参加するテニス教室を共同で開催――などを想定している。

 2日に同大で開かれた締結式で大友克之学長は「企業が求める人材育成を行っていく必要がある」と話し、橋本政昭社長は「今回の連携を機に学生と企業の関係を、さらに深めていきたい」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2349041 0 ニュース 2021/09/08 05:00:00 2021/09/08 05:00:00 2021/09/08 05:00:00 協定を結んだ大友学長(右)と橋本社長(9月2日午前11時18分、朝日大学で)=大場暁登撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210907-OYTNI50065-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)