大杉倒木「根の発達遅れ」 昨年7月豪雨 瑞浪

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

豪雨で倒れた神明大杉(2020年7月12日、瑞浪市大湫町で)
豪雨で倒れた神明大杉(2020年7月12日、瑞浪市大湫町で)

 ◆名大グループ解明

 昨年7月の豪雨で倒れた瑞浪市 大湫おおくて 町の樹齢670年の神明大杉について、名古屋大学の研究グループなどは、地下の根系部の発達が遅れ、地上部とのバランスが崩れて倒れたと考えられると発表した。9月に公開された根研究学会誌「根の研究」で明らかにされた。

残り:614文字/全文:883文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2415264 0 ニュース 2021/10/04 05:00:00 2021/10/04 05:00:00 2021/10/04 05:00:00 豪雨で倒れた神明大杉(2020年7月12日)(瑞浪市大湫町で)=松原輝明撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211003-OYTNI50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)