文字サイズ

    明るくかわいく元気良く

    ご当地アイドルAKAGIDAN

    • 上毛電鉄の電車内で、MV撮影の様子を振り返る礒干彩香さん(左)と天田真未さん
      上毛電鉄の電車内で、MV撮影の様子を振り返る礒干彩香さん(左)と天田真未さん
    • 6枚目シングル「メロンソーダに恋をした」のMVは、家族連れでにぎわう前橋こども公園で撮影された ▼
      6枚目シングル「メロンソーダに恋をした」のMVは、家族連れでにぎわう前橋こども公園で撮影された ▼
    • AKAGIDANの選抜メンバーで編成する「チームG」
      AKAGIDANの選抜メンバーで編成する「チームG」
    • 派生ユニット「ダメ男シカリンズ」はCD化されない曲のMVを、前橋市の繁華街、中央通りの真ん中で撮影した。
      派生ユニット「ダメ男シカリンズ」はCD化されない曲のMVを、前橋市の繁華街、中央通りの真ん中で撮影した。

     県内のご当地アイドルの中でも、「AKAGIDAN」は、メンバー47人が所属する大所帯のグループだ。2011年4月の結成から、シングルやアルバムなどCD約20枚に加え、ミュージックビデオ(MV)も10作以上発表してきた。いずれも県内で撮影されたMVは、曲やメンバーの魅力を伝えるだけでなく、自主制作ならではの苦労やハプニング、ロケ先の人たちとの交流などが詰まった“記録映像”としても楽しめるものとなっている。

     13年10月の7枚目シングル「LOVE青春の神様!!」のMVは、上毛電鉄の中央前橋駅(前橋市城東町)で撮影された。普段使われていない同駅の3番ホームに、同グループの選抜メンバー15人で構成する「チームG」が、えんび服風の赤色の上着に金色のミニスカートで並び、サビの部分では片方の足を後方に振り上げるなど軽快なダンスを披露した。

     同曲でセンターを務めた森本悠楠(ゆな)さんは「撮影は週末の早朝だったけれど、列車は走っている時間帯だった。駅に着いた列車のお客さんが、踊る私たちを不思議そうに見ていた」と話す。

     同電鉄が全面協力した撮影は、ホームだけではなく、同駅に到着した列車内でも行われ、メンバーの保護者やチームGに選抜されなかった小学生メンバーらが乗客役で出演した。

     「列車が入ってくると、私たちはダンスを途中でやめてホームを走り、エキストラも含めた約50人が一斉に乗車しました。停車時間は10分ほどだったので車内の撮影は慌ただしかった」。チームGの礒干(いそひ)彩香さんは、列車の乗り降りを繰り返した撮影を振り返る。

    ■撮り直さない 同曲のMVは場面が多い、変化に富んだ内容に仕上がったが、同駅での撮影は1時間ほどだったという。MVの監督で、同グループを仕掛ける会社「オリエンタルジャパン」(同市問屋町)の星野数博社長(45)は、「うちのMVは撮り直しはしないので、撮影時間はどれも短い。だから、ダンスの振りが間違っていたり、予定外の通行人が映ったりするものがある」と明かす。

     MVでダンスを間違えたことのある天田真未さんは、「撮影では関係者しかいないはずなのに、緊張してしまう。MVとライブのダンスを見比べて、間違い探しをしてもらってもいいのでは」と照れていた。

     前橋こども公園(同市西片貝町)で撮影した13年6月の6枚目シングル「メロンソーダに恋をした」のMVでは、交差点に見立てた道路上で踊るチームGの後ろを三輪車の幼児が横切る姿が映り、同年3月の5枚目「桜色の約束」では、中盤のバスケットボールのシーンでメンバーの顔面にボールが当たって流血したこともあって、その場面がモノトーンとなった。

     同社は人材派遣が本業で、20代の頃に東京で俳優をやっていた星野社長以外、社員は芸能に関して素人同然だった。自主制作ならではの未完成な部分も多いが、「失敗やハプニングも見せ方次第で、魅力的なMVになる」と、星野社長は語る。

    ■スタジオ撮影「挑戦」 今年4月に同グループは結成4年目を迎える。人気グループに似ていた通称「AKG」を封印し、キャプテンの若松文香さんも「団長」を名乗り始めた。

     星野社長は「ファンを飽きさせず、他のご当地アイドルとの差別化を図るため、新曲とそのMVを定期的に出していくことは続けていきたい。グループとしても、これまでの成長を示す時期に来ているので、スタジオで撮影する本格的なMVに挑戦したいですね」と決意を語っていた。(笹島拓哉)

     AKAGIDANのシングルCDは、2011年8月のデビュー曲「ニーハイ☆ラバー」から通算8枚が発表されている。最初のMVは、12年10月に発売されたアルバム「アイドルレナリン大放出っ!!」の初回限定版の特典DVDに収録された3枚目シングルの「Chance」だった。13年3月の5枚目「桜色の約束」からは3、4か月に1枚のペースで新曲を発表。星野数博社長が監督を務める自主制作MVが、CDの発売と同時に、インターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」に公開される。

     シングル以外でも、「群馬温泉女子部 from AKAGIDAN」名義で13年3月に発表した「温泉大国群馬県」のMVは、草津温泉や四万温泉などでロケをした力作。チームGのグループ内ユニットの一つ「ダメ男シカリンズ」の曲「責任者出てこいっ!」はCD化されておらず、ライブ以外では、前橋市千代田町の中央通りで一発撮りされたMVでのみ視聴できる。

    2014年02月28日 08時11分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て