読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

大熱狂をもう一度 公正に試合運営 選手目線で支援

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ソフトボールの日本女子1部リーグで、場内アナウンスを担当する生方さん(4月18日、高崎市の宇津木スタジアムで)
ソフトボールの日本女子1部リーグで、場内アナウンスを担当する生方さん(4月18日、高崎市の宇津木スタジアムで)
電光掲示板の操作も担当する柳井さん
電光掲示板の操作も担当する柳井さん

 「チケットが飛ぶように売れ、ダフ屋が出るほど。東京五輪後、あんな光景をもう一度見たい――」

 1万2000人収容の高崎城南球場(高崎市)が、外野芝生席まで埋め尽くされた。日本女子ソフトボールリーグで場内放送を担当して27年になる生方純夫さん(67)(みなかみ町)は、北京五輪で金メダルを獲得した上野由岐子投手(現ビックカメラ高崎)らが登場し、大フィーバーとなった2008年10月の試合を今も忘れられない。

 生方さんは、競技を熟知した運営能力や語学力を買われ、東京五輪では「テクニカル・コミッショナー」を務める。スムーズな試合進行、審判や選手が使う道具に不備や不正がないかのチェックなど任務は多岐にわたる。

 太田市立商業高校時代はレスリング部に所属。農業大学校卒業後、野菜栽培の技術を伝えるため、青年海外協力隊として渡航したフィリピンでソフトボールに出会った。仲間とともに活動の合間に楽しむ程度だったが、帰国後、学校事務職員として働く中、子どもたちの大会のために審判員の資格を取得すると、本格的にのめり込んだ。

 その後、結婚式や各種大会の「名司会者」と知られるようになり、場内アナウンス係に起用されたのが1994年。40枚以上の原稿を読むだけでなく、試合展開に応じて、ルール説明や選手紹介を交えて絶妙なタイミングで「ナイスプレー!」と一言。スタジアムを盛り上げてきた。

 東京五輪では、極限の緊張状態で戦う選手たちが集中できる運営に努めるつもりだ。「出場6か国に公正中立な立場で、大会の成功に貢献したい」。再びソフトボールの魅力が多くの人に伝わるように、裏方に徹する。

 4年前までビックカメラ高崎の選手だった柳井春菜さん(33)は、日本代表が7月14日まで事前合宿の拠点としている宇津木スタジアム(高崎市)の職員として、かつての同僚やライバルを支えている。「最高の状態で大会を迎えられるように、自分の仕事に尽くしたい」

 千葉商業高校卒業後、日本リーグの戸田中央総合病院に加入。トップレベルで日本一を経験し、五輪出場の夢をかなえるため、14年に移籍した。

 ただ、常勝チームの練習や日常生活の厳しさは、体力的にも精神的にも想像を超えた。日の丸を背負う選手たちの迫力、技術力の高さに圧倒された。

 17年の退団後、海外で競技普及に取り組もうと考えていたが、「東京五輪で学べることはたくさんある」と思いとどまり、スタジアム職員の募集に応募し、19年4月に採用された。

 マウンドや人工芝に問題があれば、プレー中のアクシデントや負傷につながりかねない。一緒に球場を管理する高橋賢治さん(69)は柳井さんについて、「選手目線でスパイクの状態まで細かく観察している。選手の要望も積極的に取り入れる」と語る。

 柳井さんは、球場の周辺を歩くと、住民から「応援しているよ」と声をかけられる。「陰で多くの人が日本代表を支えてくれていることを選手に伝えたい。それも自分の役割」と言う。

【うぶかた・すみお】

 1953年12月、太田市生まれ。日本女子1部リーグでは、北海道や名古屋市などの試合でもアナウンスを担当。ソフトボール審判としても活躍し、91年に「第1種資格」を取得して全国大会などで審判員を務めてきた。

【やない・はるな】

 1988年5月生まれ、千葉県出身。2014年にビックカメラ高崎(当時はルネサスエレクトロニクス高崎)に移籍し、遊撃手として2度の日本一を経験して17年に退団。19年4月に宇津木スタジアムの運営などを担う高崎財団に採用された。

 ◆ソフトボールと五輪 1996年アトランタ大会で正式競技となり、日本は4位。2000年シドニー大会で銀、04年アテネ大会で銅、08年北京大会は、上野投手が2日間で3試合を投げ抜き、4連覇を狙った米国を決勝で破って金メダルを獲得した。北京大会後は正式競技から外れ、日本リーグの観戦者も減少傾向にある。東京大会で復活するが、24年のパリ大会では再び外れる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2163408 0 ともに東京へ 2021/06/29 05:00:00 2021/06/29 05:00:00 2021/06/29 05:00:00 日本女子ソフトボールリーグで場内アナウンスをする生方さん(4月18日午後2時45分、高崎市の宇津木スタジアムで)=黒羽泰典撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210629-OYTAI50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)