豪華寝台列車「四季島」…高崎駅でお出迎え

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

職員らの歓迎を受け笑顔を見せる「四季島」の乗客たち(JR高崎駅で)
職員らの歓迎を受け笑顔を見せる「四季島」の乗客たち(JR高崎駅で)

 JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」が10日、JR高崎駅に停車し、職員らが乗客の出迎えと見送りを行った。

 四季島は2017年5月に運行を開始。今回、早春の2泊3日コースとして初めて本県内の観光が組み込まれた。乗客32人が高崎駅で特別列車「SLレトロ四季島号」に乗り換え、横川駅へと向かった。

 高崎駅で乗客らは、SLを背景に記念撮影。発車の際に職員が小旗を振って見送ると、車内から笑顔で手を振っていた。

 乗客の男性は「朝食は群馬の食材を使った料理で、すばらしかった。SLも楽しみ」と声を弾ませていた。中山浩明・高崎駅長(58)は「妙義山など美しい景色で癒やされてほしい」と話していた。

 四季島の同コースは13~15日、3月5~7日にも運行される。

無断転載禁止
438927 0 ニュース 2019/02/11 05:00:00 2019/02/11 05:00:00 2019/02/11 05:00:00 職員らの歓迎を受け笑顔を見せる「四季島」の乗客たち(JR高崎駅で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190210-OYTNI50048-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ