小泉環境相の育休、山本知事が高評価

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 山本知事は22日の定例記者会見で、小泉環境相が2週間程度の育児休暇を取る考えを表明したことについて、「社会的に認知度の高い小泉大臣が育児休暇を取ると宣言することは、今の空気を変えるために非常に良い」と高く評価した。知事は19日に更新した自身のブログでも、「賛否両論の意見があるようだが、決断を強く支持したい」と掲載していた。

 県の男性職員の育児休暇取得率は2018年度、総務省調査で3・0%。全国平均の3・7%を下回っていたことから、山本知事は「問題意識を持っている。(職場の)意識を変えられるように努力したい」と話した。県は育児休暇に加え、保育所の送迎などに伴う1日2時間の部分休暇、育児短期間勤務を含めた取得率を、19年度までに10%とする目標を掲げている。18年度の実績は9・8%だった。

無断転載禁止
1014243 0 ニュース 2020/01/23 05:00:00 2020/01/23 05:00:00 2020/01/23 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ