備品無断購入51回…富岡総合病院係長を免職

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 公立富岡総合病院で備品調達を担当する50歳代男性係長が、備品の無断購入を繰り返して着服したり、返品すべきだった物をインターネットオークションに売り出したりしていたとして、運営する富岡地域医療企業団は24日、この係長を懲戒免職処分にしたと発表した。

 病院の損害は約141万円に上る。係長は弁済する意思を示しているが、同企業団は富岡署に被害届を提出する方針という。

 発表によると、係長は2015年7月頃から19年11月にかけ、パソコンやスマートフォン、車のバッテリーなど、51回にわたって無断購入を繰り返し、私的に流用していた。他の職員が同12月、不要な調達に気づいて発覚した。係長は調査に対し、「罪悪感が薄れていた」と話しているという。

 同企業団は富岡市と甘楽町の公営企業。係長の氏名は「指針に沿って公表しない」としている。

無断転載・複製を禁じます
1018549 0 ニュース 2020/01/25 05:00:00 2020/01/25 05:00:00 2020/01/25 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ