絹巡る旅、「映え」はいかが? 県がコラムサイトを公開

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

県内の絹に関する観光スポットや周辺の飲食店などを紹介するガイドコラム「きぬ旅」が3日に公開された=県提供撮影
県内の絹に関する観光スポットや周辺の飲食店などを紹介するガイドコラム「きぬ旅」が3日に公開された=県提供撮影
 
 

 県は日本遺産「かかあ天下―ぐんまの絹物語―」の構成文化財や周辺の人気の飲食店、レジャー施設の情報が詰まったコラムサイト「きぬ旅」=写真=の公開を始めた。

 紹介している地域は主に絹文化に関係する桐生市、甘楽町、中之条町、片品村。それぞれの地域で「女子旅」「親子旅」「カップル旅」の3コースを考案している。

 群馬出身のモデル横塚沙弥加さんや県内の情報発信をしているインスタグラマーが実際に文化財などを訪れ、写真や感想を交えながら各スポットを紹介。桐生市内で着物に身を包んで重要伝統的建造物群保存地区を散策したり、国内最古級の養蚕農家「富沢家住宅」を家族で訪れて学習したりと、様々な旅の形を提案している。

 ホームページの公開と合わせて、画像共有サービス「インスタグラム」で「きぬ旅」の公式アカウントも開設している。

無断転載禁止
1089540 0 ニュース 2020/03/06 05:00:00 2020/03/06 05:00:00 2020/03/06 05:00:00 県内の絹に関する観光スポットや周辺の飲食店などを紹介するガイドコラム「きぬ旅」が3日に公開された=県提供撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200305-OYTNI50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ