酒かす無償で提供…川場村の永井酒造 

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「甘酒で体温めて」

酒かすの小袋にラベルを貼っていく従業員ら(10日、川場村の永井酒造で)
酒かすの小袋にラベルを貼っていく従業員ら(10日、川場村の永井酒造で)

 川場村の老舗酒造会社・永井酒造は、同社の日本酒を購入した人に無償で酒かすを提供する。永井則吉社長は、新型コロナウイルスの感染が拡大する中で酒蔵にできることを考えたといい、「甘酒などにして体を温め、強い体づくりに役立ててほしい」と話している。

 酒かすは、純米大吟醸酒の製造工程でできたもので、約1トンの酒かすを300グラムずつ袋に小分けし、3500個を用意した。県内の酒販店に配って顧客に渡してもらうほか、通販で購入した客にも発送する。

無断転載・複製を禁じます
1159562 0 ニュース 2020/04/11 05:00:00 2020/04/11 05:00:00 2020/04/11 05:00:00 酒かすを入れた袋にラベルを貼る永井社長(右端)ら(永井酒造で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200410-OYTNI50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ