読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

新型コロナ 老人施設さらに33人…入所者1人死亡

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県は11日、伊勢崎市の有料老人ホーム「藤和のその」で、新たに入所者ら33人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。すでに判明していた8人と合わせ、同施設の感染者は41人となった。このうち10日までに感染がわかった80歳代の男性入所者が11日に死亡した。厚生労働省のクラスター(感染集団)対策班は12日に県内入りし、さらなる感染拡大の防止を図る。

 県内では11日、富岡市と安中市でも男性計2人が検査で陽性となり、感染者は前日から35人増の79人(うち2人死亡)となった。

 県によると、藤和の苑で11日に感染が確認されたのは、50~90歳代の男女の入所者23人と、職員や施設関係者の男女10人。それぞれの症状は確認中という。

 同日、県などは入所者と職員ら計89人の検査を実施し、入所者については全員の検査を終えた。陰性となった人のケアは施設で続けられるが、今後症状を訴える人が出る恐れもあり、観察を続ける。

 富岡市で感染がわかったのは、宇宙関連事業を手がける「IHIエアロスペース」富岡事業所に勤める60歳代男性。10日に感染が判明した同市の20、40歳代の男性2人も同事業所の従業員だった。安中市では飲食店アルバイトの30歳代男性も陽性とわかり、県は未就学児2人を含む同居者4人を濃厚接触者と特定した。

 一方、10日に感染がわかった伊勢崎市の50歳代の女性は、同市で飲食店を経営しており、従業員と客計9人が濃厚接触者となった。

無断転載・複製を禁じます
1161223 0 ニュース 2020/04/12 05:00:00 2020/04/12 05:00:00 2020/04/12 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200411-OYTNI50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)