八ッ場でカヤック初試乗 来月下旬から一般貸し出し開始

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

八ッ場あがつま湖に初めてこぎ出たカヤック。後方は不動大橋(3日、長野原町で)
八ッ場あがつま湖に初めてこぎ出たカヤック。後方は不動大橋(3日、長野原町で)

 4月に運用を開始した八ッ場ダム(長野原町)のダム湖「八ッ場あがつま湖」で3日、カヤックとカヌーの試し乗りが始まった。アウトドア活動に湖面が使われるのは初めて。初日は1人乗り用カヤック4隻が、心地良い風を受けながら、八ッ場大橋やダム本体付近の湖面をゆっくりと進んだ。

 カヤックとカヌーは、安全確認の試乗を行った後、JR川原湯温泉駅近くの地域振興施設でキャンプ場などの営業を始める7月下旬から一般に貸し出す。施設運営会社の社長で川原湯温泉協会長の樋田省三さん(55)は「新型コロナウイルス感染がまだ心配だが、多くの人に来てもらえるように安全面の対策を講じていきたい」と話した。

 国土交通省利根川ダム統合管理事務所(前橋市)によると、八ッ場ダムの水位は、5月12日に常時満水位(標高583メートル)になった後、同22日から洪水期(7月~10月初旬)の制限水位(同555・2メートル)に向けて下げている。

無断転載・複製を禁じます
1258310 0 ニュース 2020/06/04 05:00:00 2020/06/04 05:00:00 2020/06/04 05:00:00 八ッ場あがつま湖に初めてこぎ出されたカヤック。後方は不動大橋(3日午前10時19分、長野原町で)=石川祐司撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200603-OYTNI50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ