アレルギー対応、新給食センター…渋川と沼田に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

開所式後に公開された渋川市の東部学校給食共同調理場(20日)
開所式後に公開された渋川市の東部学校給食共同調理場(20日)

 食物アレルギーを持つ子供への対応を強化した学校給食センターが、渋川市と沼田市に完成した。

 20日に開所式が行われた渋川市の東部学校給食共同調理場(赤城町三原田)は、食品表示法で表示が義務づけられている特定原材料の7品目(卵、乳成分、小麦、そば、落花生、エビ、カニ)を使った食材を取り除いたうえで、通常の給食に近いメニューを提供する。通常食の調理場とは完全に隔てたスペースで作る。

 市によると、食物アレルギーを持つ子供は市内に400人ほどいるといい、それぞれの家庭から弁当を持参しているという。

 調理場は延べ1831平方メートルで、総工費は約17億円。市内の小中学校32校のうち、24日から赤城、北橘両地区の7校に約1300食分を届ける。アレルギー対応食の提供開始は来年。高木勉市長は「いずれは市内全域に広げたい」と話している。

 沼田市も20日、約19億円をかけた新たな学校給食センター(利根町大原)の開所式を行った。25日から小中20校と県立沼田特別支援学校向けに約4000食の調理を始める。

 市内に3か所あったセンターを集約した施設は延べ2835平方メートル。新たな炊飯器を導入し、精米も施設内でできるようにしたのが大きな特徴だが、ここも専用調理室を設け、多くの食物アレルギーに対応した代替食を提供できるようにした。

 県教育委員会などによると、卵や乳成分など、一部の特定原材料を除去したアレルギー対応の調理施設は、富岡市の学校給食センターにもあり、藤岡市も9月の給食から提供を始める予定という。ただ、複数の食物アレルギーを抱える子供への複雑な対応や、取り違え事故のリスクもあるため、給食センターではアレルギー対応をしない自治体も少なくないという。

無断転載・複製を禁じます
1426056 0 ニュース 2020/08/22 05:00:00 2020/08/22 05:00:00 2020/08/22 05:00:00 調理場の内部を見学する自治会連合会長など(渋川市の東部学校給食共同調理場で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200821-OYTNI50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ