21年度財源、156億円不足 県が推計

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県は9日、事業の見直しなど歳出削減策を取らないまま2021年度予算を編成した場合、156億円の財源不足に陥るとの中期財政見通しを公表した。見通しには、新型コロナウイルス感染拡大に伴う税収減を含めておらず、不足額は膨らむ可能性もある。

 県財政課によると、20年度予算編成では123億円が不足し、貯金にあたる基金の取り崩しなどで対応した。だが、社会保障関連費の増大、経営が悪化した企業への資金繰り対策などで歳出が膨らみ、このままでは22年度の財源不足は174億円に悪化する見通し。基金も21年度に枯渇する。

 山本知事は9日の定例記者会見で、21年度予算編成では既存の事業費を今年度から10%を目標に削減する方針を示し、「仕事のやり方を抜本的に見直していくことが必要」と強調した。

無断転載・複製を禁じます
1535843 0 ニュース 2020/10/10 05:00:00 2020/10/10 05:00:00 2020/10/10 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ