飲み歩いて街を元気に 高崎駅周辺27店が1000円セットメニュー用意

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

参加店に掲げられている共通のロゴマーク
参加店に掲げられている共通のロゴマーク

 高崎市のJR高崎駅周辺の飲食店が、酒とつまみがセットになった1000円(税込み)のメニューをそれぞれ作り、「高崎せんべろ」と題した共通のロゴ=写真=で街を盛り上げている。

 「せんべろ」は、1000円でべろべろになるまで酔えるという意味の俗語。ビジネスマンらに気軽に飲み歩いてもらい、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた街を元気づけようと、高崎飲食店組合が中心になって仕掛けを考えた。

 県の「ストップコロナ!対策認定制度」の認定店(申請中を含む)27店が参加し、1日に始まった。各店はビールやハイボールに唐揚げなどを組み合わせた3品以上のメニューを用意している。期限を設けずに続け、参加店も増やしていく考えだ。

 ロゴ入りの黄色いのぼりが参加店の目印で、店の位置やメニューを載せたマップも作り、周辺のビジネスホテルなどに置いた。同組合の千容植ようし副組合長は「高崎を『せんべろの街』として定着させ、観光客などにもPRしていきたい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1558424 0 ニュース 2020/10/19 05:00:00 2020/10/19 05:00:00 2020/10/19 05:00:00 参加店に掲げられている共通ロゴマーク https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201019-OYTNI50005-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ