読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

みどり市職員らがSUPで草木湖清掃 観光振興へ要請受け

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

SUPを使って清掃する市職員ら(みどり市で)
SUPを使って清掃する市職員ら(みどり市で)

 みどり市東町の草木湖で、市観光課の職員ら4人がボードに立ってパドルをこいで水面を進む「スタンドアップパドルボード(SUP)」を使っての清掃活動を行った。

 活動は、近くにある同市大間々町の老舗旅館「神梅館」の5代目女将おかみ渡辺宏佳さん(32)と夫でレスキューインストラクターの純規さん(36)の要請で実現した。夫妻は、宿泊プランに草木湖で手軽に水上散歩を楽しめるSUP体験を導入するために、下見に行ったところ、ごみが湖面を漂っていたのを目の当たりにしたという。

 夫妻から清掃の要請を受けた市が、「観光客に喜んでもらえるならば」と快諾したという。16日に純規さんがSUPの乗り方を指導。ボードに乗った職員はバランスを取りながら慎重にペットボトルやレジ袋などごみをすくい上げていた。宏佳さんは「湖を美しく保つことでふるさとを元気にしたい。観光でも広大な湖を体感してもらいたい」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1996356 0 ニュース 2021/04/20 05:00:00 2021/04/20 05:00:00 2021/04/20 05:00:00 サップに乗って湖面のごみをすくい上げるみどり市職員たち(16日、みどり市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210419-OYTNI50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)