読売新聞オンライン

メニュー

前橋市水道料金…23%値上げ方針

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 前橋市は25日の市議会建設水道常任委員会で、水道施設の維持管理に改修が必要だとして、来年4月から水道料金を値上げする方針を示した。急激な負担増を避けるため、2025年度末までに段階的に23%程度引き上げる。改定が実現すれば、1999年4月以来23年ぶりとなる。

 市経営企画課によると、一般的な家庭では23%の料金値上げで、月額1577円程度(19年度)から1939円程度になる。今後、浄水場と配水管に改修や耐震化が必要となり、水道事業が22年度末までに赤字となる見込みのため、値上げすることを決めた。詳細なスケジュールを検討しているという。

 水道料収入は、人口減や節水器機の普及で減少している。19年度は約51億6000万円で、ピーク時の10年度から1割ほど減少した。

無断転載・複製を禁じます
2078479 0 ニュース 2021/05/26 05:00:00 2021/05/26 05:00:00 2021/05/26 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)