読売新聞オンライン

メニュー

公立高校募集定員1万2139人 全日制・フレックス

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県教育委員会は18日、2022年度公立高校募集定員を発表した。22年3月に県内の中学校を卒業する見込みの生徒は1万7499人で、前年から281人増えるため、全日制・フレックススクールの募集定員は前年より160人増の1万2139人となる。定員増となるのは10年ぶり。

 高校教育課によると、前橋東、高崎東、伊勢崎、伊勢崎清明の4校が1学級(40人)ずつ募集を増やす。高崎商は、これまでの3科から、グローバルビジネス、会計ビジネス、情報ビジネス、総合ビジネスの4科に学科改編を行う。

 全日制・フレックススクールの前期選抜の願書受け付けは22年2月1、2日。選抜は同8、9日に実施し、同17日に合格発表を行う。後期選抜は願書受け付けが同24、25日で、選抜は3月8、9日。合格発表は同16日。

無断転載・複製を禁じます
2137235 0 ニュース 2021/06/19 05:00:00 2021/06/19 05:00:00 2021/06/19 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)