厄払い 健康祈る…群馬・玉村で茅の輪くぐり

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

茅の輪をくぐる親子(3日、玉村町の玉村八幡宮で)
茅の輪をくぐる親子(3日、玉村町の玉村八幡宮で)

 半年の厄をはらい、残り半年の無病息災を祈る「 の輪くぐり」が玉村八幡宮(玉村町下新田)で行われている。11日まで。

 境内の鳥居には直径約2メートルの茅の輪が掛けられ、参拝者たちがその中をくぐりながら身を清めていた。3日に夫婦で訪れた近くの会社員男性(50)は、「冬に孫が生まれる。コロナが落ち着き、孫と一緒に祭りに行きたい」と話していた。

 11日まで境内がライトアップされるほか、 手水ちょうず 鉢に色とりどりの花を浮かべた「花手水」も楽しめる。問い合わせは玉村八幡宮(0270・65・2305)へ。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2177071 0 ニュース 2021/07/04 05:00:00 2021/07/04 05:00:00 2021/07/04 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210703-OYTNI50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)