読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

山間部盛り土の緊急点検を公開 高崎市

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 静岡県熱海市内の大規模土砂災害を受けて、開発行為があった山間部の緊急点検を進めている高崎市は19日、現場の様子を報道陣に公開した。

 対象は土砂災害警戒区域の上流や盛り土で造成した計231地点で、1か月ほどかけて点検を進める。公開されたのは3年前に倉渕地区に山を削って盛り土で谷を埋めてサッカー場、大規模ソーラー発電施設などを整備した造成地の点検作業。市職員は斜面の膨らみ、側溝や排水パイプに異常がないかなどを目視で確かめたほか、ドローンを使って下流部の砂防ダムを上空から撮影した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2219754 0 ニュース 2021/07/20 05:00:00 2021/07/20 05:00:00 2021/07/20 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)