読売新聞オンライン

メニュー

昨年度の県歳出入最大

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県は20日、2020年度一般会計の決算見込みを発表した。歳入総額は前年度比14・5%増の8664億円、歳出総額は12・6%増の8425億円で、いずれも新型コロナウイルス対策に関する費用が増大し、現行制度となった08年度以降で最大となった。歳入から歳出と翌年度への繰越額などを引いた実質収支は、54億円の黒字だった。

 歳入の柱となる県税は、0・5%減の2446億円で、コロナ対策費にも充てられる国庫支出金は、前年度から2倍超となる1953億円だった。歳出ではコロナ関連の感染防止策や経済対策などに計836億円だった。

 県債残高は2・7%増の1兆3071億円で、過去最高となる見通し。地方交付税の振り替えである臨時財政対策債を除くと4・3%増の7441億円。

 県は昨年度18回の補正予算を編成し、県財政課は「機動的に対応した」としている。

無断転載・複製を禁じます
2222625 0 ニュース 2021/07/21 05:00:00 2021/07/21 05:00:00 2021/07/21 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)