読売新聞オンライン

メニュー

トレイルランで汗 高崎

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

大自然の中を駆け抜ける参加者(22日、高崎市で)
大自然の中を駆け抜ける参加者(22日、高崎市で)

 大自然の中を走る「第2回くらぶちトレイル20キロ」が22日、高崎市倉渕町水沼のトレイルランコース(1周5キロ)で行われ、愛好者ら170人が参加した=写真=。

 倉渕地区の地域振興とトレイルランのすそ野を広げる目的で、有志らでつくる実行委員会が企画。参加費4000円に相当する地元産の野菜、日本酒、温泉入浴券などを参加賞としているのが特徴だ。前橋市の介護職員の女性(56)は「お土産と温泉が魅力。優しい運営ですね」と心地よい汗を流していた。

無断転載・複製を禁じます
2227821 0 ニュース 2021/07/23 05:00:00 2021/07/23 05:00:00 2021/07/23 05:00:00 大自然の中を走る参加者たち(22日、高崎市で)(7月22日午前10時6分)=丹下信之撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210722-OYTNI50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)