サンゴの成分、入浴剤に 群大が保湿効果実証

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

コンビニ店で販売が始まった入浴剤と板橋教授(左)(前橋市で)
コンビニ店で販売が始まった入浴剤と板橋教授(左)(前橋市で)

ファミマで販売

 群馬大の研究グループが開発した肌への保湿効果が期待されるサンゴ由来の入浴剤が、県内のコンビニ店「ファミリーマート」で販売されている。保湿効果を検証した同大大学院医学系研究科皮膚科学の茂木精一郎教授は「毎日全身に保湿剤を塗るのは面倒だが、入浴で同じ効果が期待され、継続することができる」と話している。

 「手がスベスベになる」。同大学院理工学府の板橋英之教授の研究室では元々、天然鉱物「サンゴライト」を使って、肌とは関係のない研究を行っていたが、2017年に手伝っていた学生の発した一言が入浴剤への開発につながった。サンゴが海底に 堆積たいせき して生成されるサンゴライトはカルシウムとマグネシウムを含む。水溶液を分析すると、ある化粧水とほぼ成分が同じことが判明した。

 板橋教授から依頼を受けた茂木教授らが、マウスの肌で実験したところ、水溶液の方が水よりも顕著に保湿効果が表れた。また、20年12月から4か月間、皮膚炎のある13人に対して、サンゴライトを入浴剤として使う臨床試験を実施。保湿効果の上昇は12人でみられ、9人については皮膚炎が改善したとみられるデータが得られたという。成果は学会誌の電子版にも掲載された。

 入浴剤は100グラム660円(税込み)から。伊勢崎市の温浴施設「湯楽の里」でも入浴できる。入浴剤の問い合わせは同大発のベンチャー企業「グッドアイ」(0277・46・9277)へ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2563529 0 ニュース 2021/12/02 05:00:00 2021/12/02 05:00:00 2021/12/02 05:00:00 ファミリーマートで入浴剤を並べた板橋教授(左)と内田さん(11月11日午後2時44分、前橋市下小出町のファミリーマート前橋下小出町店で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211201-OYTNI50053-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)