初夏告ぐ「磯部簗」 安中で今季営業開始

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

炭火で焼かれる新鮮なアユ(11日、安中市で)
炭火で焼かれる新鮮なアユ(11日、安中市で)

 安中市磯部の碓氷川河川敷で11日、塩焼きのアユなどが食べられる夏の風物詩「磯部 やな 」が今シーズンの営業を始めた。

風の谷で空中散歩 鍾乳洞とキャンプ場結ぶつり橋「上野スカイブリッジ」

 磯部簗は1964年に始まり、碓氷川の流れを眺めながら、アユ料理やウナギ料理を食べることができる。市観光機構から委託された市内の飲食業者が運営する。

 持ち帰りも可能なアユの塩焼き(800円)に加え、いけすのアユを取り出し、串に刺して焼くまでを体験できる御膳(2500円)もある。

 11日は午前11時の開店に合わせ、多くの家族連れらが訪れた。焼き台では、いけすから揚げたばかりの新鮮なアユが30分ほど炭火焼きにされて提供された。伊勢崎市の男性は「香ばしくておいしい。旬のアユを、川や釣り人を見ながら食べられるのは良いですね」と話していた。

 8月末まで。午前11時~午後5時(土日祝日は午後6時まで)。8月13日~16日は午後7時まで。磯部簗(027・385・6959)。

全国の旅行・観光関連ニュースはこちらから
スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3075642 0 ニュース 2022/06/12 05:00:00 2022/06/12 09:34:44 2022/06/12 09:34:44 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220611-OYTNI50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)