ウクライナの新体操選手ら受け入れへ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 高崎市は13日、ウクライナの新体操選手ら25人が7月に市内に避難してくると発表した。

 市によると、ロシアによる侵攻を受け、国際体操連盟から日本体操協会に「将来が有望な10歳代の新体操選手が亡くなるなど、ウクライナの新体操選手が大変な状況に直面している」と連絡が入った。同協会が避難しながら練習できる自治体を探す中、海外の新体操チームの合宿を受け入れ、国際大会の実績もある市に協力要請があった。25人は市内の宿泊施設に約2週間滞在し、市は高崎アリーナなどを練習場所として提供する。

 市は関連経費約750万円を盛り込んだ補正予算案を、開会中の市議会定例会に提出した。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3080315 0 ニュース 2022/06/14 05:00:00 2022/06/14 05:00:00 2022/06/14 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)